RU EN JP
Client Portal

Gorodissky IP Securityが医薬品のオンライン取引における侵害の急増を発見 | Gorodissky IP Security

Gorodissky IP Securityプロジェクトの専門家はオンライン取引市場の調査を行い、小売と卸売の両方で保護マスクが販売価格を60万以上 に釣り上げた価格(500〜900ルーブル/個)で販売されているのを発見しました。 (危機前のマスクの価格は5パックで約40ルーブルを超えていませんでした)。

同時に、サービスアナリストは詐欺師の活動の急増を指摘しています。保護マスクを販売する「狼男サイト」が市場に登場しています。受注後、オンラインストアのマネージャーが購入者に連絡し、納期に同意し、支払いの詳細を通知し、前払いを受け取った後、非表示にするのです。

 模倣品のリスクが高まっています。 2020年3月17日、ロシアのプーチン大統領は、連邦法「医薬品の小売りについて」に署名しました。法令により、OTC薬をオンラインで取引することが許可されました。以前はインターネットで薬を予約して薬局でそれを受け取ることができました。法令は、薬の購入のために公共の場所に行く必要性を減らすため、COVID-19ウイルスの蔓延を防ぐための効果的な対策の1つとされています。

 パートナーのエフゲニー(?)・アレクサンドロフは次の様にコメントしています。「この法改正により、模倣品の販売が急増する可能性があります。インターネットを介して医薬品を安全に購入できるようにするため、医療機器や医薬品の製造元はそのような侵害の特定に力を入れる必要があります。模倣品の存在は会社に重大な損害をもたらし、最も重大なこととして、公衆衛生に危害を与える可能性があるためです。当社のGorodissky IPセキュリティプラットフォームは、ネットワーク上の危険なクローンをすばやく特定できます。それにより、すでに多くの侵害者を無力化することが可能となっています。たとえば、ソーシャルネットワークの「Vkontakte」で発見されたのは、衣料品やアクセサリーを製造する国際的な大企業のブランド名で模倣品を販売する100件以上のオファーです。弊社の専門家は、警察と協力して、売り手の身元を究明しました。犯人は拘留され、模倣品は押収され破壊されました。対策の結果として、ロシア連邦における商標権者 の正規品の売上が伸びました。

 Gorodissky IPセキュリティプラットフォームについて

 Gorodissky IP Securityは、法律事務所Gorodissky&Partnersの独自の技術製品であり、インターネット上の侵害を監視し、裁判前に排除します。プラットフォームは発見されたリソースの脅威レベルを自動的に決定します。販売された商品の数量、販売者が抱える在庫を推定し、IPの違法使用による商標権者への起こり得る損害を特定します。プラットフォームは24時間体制でキーワード、ブランド、商標を監視します。更に、アナリストチームが結果を確認し、弊社の主力弁護士と協力して侵害を排除します。


Возврат к списку